【経験談】28歳男が結婚してもいいかなと思ったとき6選

結婚コラム

こんにちは!太郎(@tarovirgin)です。
私は今28歳で、26歳の彼女がいます。
今回私が「この子と結婚してもいいかも」と思った場面を記事としてまとめてみました。
結婚適齢期の男が何をどう感じているか、もしご興味のある方は見ていただければ幸いです。

28歳男が結婚してもいいかなと思ったとき

自宅で美味しいご飯を振舞ってくれたとき

クリスマスや記念日に美味しい手料理を振舞ってくれたときに、結婚してもいいかもと思いました。
結婚してからも美味しいご飯を作ってくれるんだろうなーと自然と想像します。
食事は毎日取るもののため、料理スキルは結婚相手にどうしても求めてしまいます。
結婚するには男の胃袋を掴めと言いますが、その通りだなと感じます。

実家に帰省して、結婚して幸せそうな妹を見たとき

実家に帰った時、婿さんと仲良く2人で暮らしている妹を見て、自分も結婚してもいいかなと思いました。
また、可愛い赤ちゃんの写真を見て、自分の子供が欲しいなと感じました。

弁当を作ってくれたとき

新宿御苑で花見をしたとき、高尾山で山登りをした時に手作りの美味しい弁当を作ってきてくれました。
自分のために手間暇かけて弁当を作ってくれるというのは嬉しいものです。

家族関係が良好に見えたとき

彼女が彼女の父、母、兄弟と仲良くしている様子が聞けた時、自分が彼女と結婚しても、その良好な関係でやっていけるのでは?と感じました。
逆に、家族と疎遠になっていたり、確執があるようであれば、結婚してから大変なのでは?と感じてしまいます。

赤ちゃん好きであること

彼女が看護師ということもあり、赤ちゃんの話題が多く出ます。
会話の中で赤ちゃんが好きで、大切にしている様子が伝わってきます。
結婚して子供ができた時に、自分たちの赤ちゃんに対しても同様に大切にしてくれるんだろううなーと想像することができます。

家事が嫌いではない

今の彼女は、料理好きで家の掃除もよくやっている子です。
家事が嫌いではない、というのは結婚を考える上で重要です。
男女平等の世の中になったとはいえ、家事をやってくれる女子が魅力的であることに変わりはありません。
逆に、部屋が汚れていたり、外食ばかりの女子では、結婚しても大変では?と感じます。

風邪を引いたとき体調を心配してくれた

一人暮らしで風邪を引いた時は心細くなります。
自分の場合、風邪を引いた時に「大丈夫?」「看病に行こうか?」など彼女がメッセージを送ってくれた時、救われた気持ちになりました。
結婚してからも、自分の体調が崩れた時に気遣ってくれるのかと思うと結婚したいなと感じます。

まとめ

今回、28歳男が結婚してもいいかなと思った場面を書かせていただきました。
ぜひTwitterのフォローもお願いします!太郎(@tarovirgin

【pairsで非モテ童貞からモテ男へ変身した話】
私(太郎)は23歳までずっと非モテ童貞でした。
自分に自信がなく、女子と話すどころか目を合わせることもできませんでした。
たまに女子に話しかけられても、キョドって目が泳ぐ始末です。
小学生の頃女子にいじめられことが原因なのだと思います。
結局、大学卒業まで彼女を1人も作れませんでした。

しかし、大学院の時に一念発起しpairsを始めてみました。
なんと、最初に出会った銀行勤務の女子とすぐに付き合うことに成功しました!(少しぽっちゃりした女子でしたが)
その後もモテるための努力を続け、最大で5人と同時に付き合うことにも成功しました。(CA、看護師×2、商社事務、保険代理店事務)
モテることで自信がついた結果、仕事でも自信のある振る舞いをできるようになりました。
人生を変えてくれたpairsにはマジで感謝しています。

pairsはいろんな女子と簡単に出会えるので、短期間で多くの試行回数をこなせます。
そのため、早いスピードでモテ男に変身できます。
また、月3,480円で定額です。
飲み会1回分の金額で、可愛い女子と出会い放題なのでコスパ最高です。
モテるようになると人生全てが好転します。
登録は無料なのでぜひ試してみてください!
↓こちらから登録できます。


結婚コラム
virginlove3719をフォローする
太郎の20代童貞向け恋愛コラム集〜マッチングアプリで人生が変わる!〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました