【必読】マッチングアプリでブス・デブを事前に見分ける方法10選

マッチングアプリ

マッチングアプリでブスやデブに会いたくない。貴重な時間やお金がもったいないし。アプリ上で事前にブス・デブを見分ける方法はある?

本記事ではこんな疑問にお答えします。

こんにちは!太郎(@tarovirgin)です。

みなさんは、pairsやOmiaiなどのマッチングアプリを使う中でブス・デブに会ったことはありますか?

せっかく自分の時間を割いて、待ち合わせ場所に行ってみたときにブス・デブがいたときのショックは計り知れません。

はじめまして!

(うわっ…ブスじゃん。写真とまるで別人だ。なんで見抜けなかったんだろう)

(嘘だろ…?何でこんなデブと土曜の夜にご飯を食べないといけないんだ)

こんな思いをされた方は多いのではないでしょうか?

「写真だと可愛く見えたのに、実際会ってみるとブスだった」

「体型の項目が普通と書かれてたのに、実際会うとデブだった」

これはマッチングアプリあるあるです。

彼女たちは全力で写真を盛ってきます。

私たちも全力で見抜けるように備える必要があります。

今回、私がマッチングアプリを6年間使ってきた経験を基に、ブス・デブを見分ける方法をまとめました。

ぜひご覧ください!

【必読】マッチングアプリでブス・デブを事前に見分ける方法10選

ブス・デブを見分ける方法に入る前に、1つ押さえておくべきことがあります。

それは、全てを疑うことです。

以下のように、写真、プロフィールの項目など全てを疑いましょう。

・この写真は最近のものか?
・写真は加工されていないように見えるが、本当にそうか?
・1枚しかアプリに載せていないのはなぜか?

疑ってかかることで、少しずつブス・デブを見分ける目を持てるようになります。

プリクラやSNOWで写真を盛っている女はブス

プリクラやSNOWで写真を盛っている女はブスと判断してください。

なぜなら、可愛い女はそもそも写真を加工する必要がないためです。

何もしなくても可愛いいのです。

一方、ブスは写真加工アプリで盛らないといけません。

盛らないとマッチングできないと知っているからです。

普通に写真を載せても出会えない。写真を盛るしかない。

盛れば盛るほど、それに比例して素がブスと判断しましょう。

顔の一部分しか写していない女はブス

マッチングアプリのプロフィール画像を見ていると、顔の一部分だけをアップにしている女がいませんか?

例えば、目だけをアップしてる女です。

「二重で可愛い」「大きな目をしている」そんな好印象を持ってしまいがちです。

しかし、実際はぽっちゃりした顔だったり、他の顔のパーツがブスだったりします。

普通に顔全体の写真を載せればいいのに、載せていないのはブスだからです。

下を向いている女、横を向いている女はブス

正面から写真を撮られているのに下を見ていればブスです。

下を見ることによって目を隠そうとしています。

特に目の小さい女に多いです。

また、横を向いている女もブスと考えておきましょう。

正面だとブスなのに、横顔はそれほど悪くない女がいます。気をつけましょう。

満面の笑みの女はブスの可能性あり

笑顔いっぱいの女は魅力的ですよね。

しかし、写真が満面の笑みの写真しかなければ要注意です。

笑顔になると誰でも目が細くなりますよね。

ブスは思いっきり笑顔になることで、目の細さをカバーしようとします。

満面の笑みの写真には気をつけましょう。

プロフィールの体型欄に記載がなければデブと考える

マッチングアプリには体型を記入する項目があります。

この項目に記載がされていなければ、基本的に「デブ」と考えたほうがいいです。

普通の体型であれば、体型を書いても問題は何もないわけです。

書かれていないのは、必ず理由があります。

「太っているから記載したくない」か「記載し忘れ」のどちらかです。

特に、他の項目がきちんと書かれているのに、体型だけ書かれていない場合はデブと断定したほうがいいです。

体型が「普通」となっていても、デブの可能性あり

プロフィールの体型が「普通」となっていても、実際はデブのときもあるので要注意です。

私の体重ならギリギリ「普通」って書いていいよね♪

こんなポジティブ思考の女もいます。

女は自分自身に対してはかなり甘いです。

男から見ると明らかにデブなのに、なぜかポジティブに自分の体型を見ようとします。

体型欄が「普通」となっていても油断できません。

※プロフィールが「スリム」「細身」となっていれば少なくともデブの可能性は低いです。女も明らかな嘘をつくことにはさすがに抵抗があるようです。しかし、「私は太っているけど着痩せするから、その意味でスリムって書いた」という言い訳をする女に昔会ったことがあります。どんだけポジティブなんだ!と当時思いました。

体の全体写真がなければ、デブと考える

顔写真しかない場合(顔より下が写った写真がない場合)、基本的にデブだと考えましょう。

体型を隠すために、あえて全体の容姿の写真を入れていない可能性があるためです。

足元まで写った写真があれば安全です。

(スリムの子が容姿の写真を入れ忘れているだけのこともあります。それでも基本的には「デブ」の可能性があると考えておくべきです。)

※過去に痩せていた頃の写真を載せている場合があるため、要注意です。写真だとどう見ても細身なのに、実際会うと太っていた子に以前会ったことがあります。

自撮り写真=奇跡の1枚と考える

自撮り写真を載せている女には注意しましょう。

自撮りでは渾身の1枚を取ることができます。

・斜め上から写真を撮って、小顔効果を出す

・加工アプリで肌色をよくする。二重にする

何でもできてしまいます。

特に、自撮り写真だけの女はさらに要注意です。

ブス・デブという要素に加え、「自分大好き人間」である可能性が出てきます。

遠方に写っている女はブスの可能性あり

プロフィール写真で、やけに遠くに写っている女を見たことがありませんか?

近くで撮るとブスがバレるから、遠くに写っている写真にしよう

こう考える女もいます。

遠方に映っている写真しかない場合はブスと考えておきましょう。

※但し、以下の理由の可能性もあります。

・インターネットに自分の写真を公開したくない

・知り合いに自分がマッチングアプリを使っているのをバレたくない。

顔写真のない女はブス・デブ

アプリに1枚の写真も載せていない女がいます。

もしくは、風景や食べ物の写真だけ載せていて、顔写真を載せていない女です。

理由は以下のいずれかです。

・アプリに登録した直後のため
・顔出しが怖いため
ブス、デブのため

1.アプリに登録した直後は、写真がアップされていません。このパターンはしばらくすれば写真をアップしてくれます。

2.写真が悪用されることを恐れて、顔写真を載せない女がいます。結構多いパターンです。美人な女にも一定数います。

3.ブス、デブだから載せていない場合です。これが一番やっかいなタイプです。以下の通り、ご説明します。

ブス・デブは以下の思考をしています。

私はブスだから写真を載せたら絶対にマッチングしない。。それなら写真無しにしよ♪実際に会って内面を見てもらおう。

写真を載せるとマッチングできないから、あえて載せていないのです。

このタイプの女に我々はよく騙されます。

この女の子、写真がないけど容姿はどうなんだろう。でもプロフィール文が「165cm、細身、キャビンアテンダント」だからきっと美人に違いない!会ってみようかな。

このように、プロフィール文だけで勝手にいいイメージを作り上げてしまいます。

ブスは写真を使わない文、プロフィール文に力を入れてきます。

プロフィール文だけ読んで、勝手にいい印象を持たないようにしましょう。

「写真のない女は全員ブス」という前提を置いたほうがいいです。

貴重な時間をムダにしないためにも、顔写真ありの女とだけやり取りをしましょう。

【おまけ】「会ってみたらブスだった」を防ぐためのテクニック2選

マッチングアプリでブス・デブに会う可能性を減らすためのテクニックをおまけでご紹介します。

追加の写真を要求する

マッチングアプリ上のプロフィール画像だけだとブス・デブかの判断に迷う場合、以下のように写真を要求しましょう。

・SNOWやプリクラで加工した写真を使っていたら、「加工してない写真も見てもいいですか?」と伝える
・昔の写真を使っているようだったら、「最近の写真も見てみたいです」と伝える
・写真が不足していたら「他の写真も見てみたいです」と伝える

そして追加の写真をもらって、ブス・デブでないか確認します。

ここで追加の写真を渋られるようでれば他の女を探すべきです。

どれだけ今の写真が可愛く見えていたとしてもです。(ブス・デブのリスクがあってもいいのであれば、会うのもありですが)

よく女たちは「最近写真撮ってなくて」「携帯を変えたから写真残ってなくて」「恥ずかしいので見せれません」とか言い訳をしてきます。

この場合、写真を見せれないのはブスかデブだから、と考えましょう。

美人の中には「はっきりとした顔の写真をアプリに載せるのは怖い。友達にもバレたくないし。でも、個別に写真を送るのはOK」と考える人もいます。美人を見抜くためにも、できるだけ追加の写真をもらうように努めましょう。

ラインやFacebookで写真を確認する

マッチングアプリ上のプロフィール画像だと判断できない場合、ライン交換をするのもありです。

ラインのプロフィール画像や、過去のタイムラインに顔写真がアップされているケースが多いです。

マッチングアプリの写真と異なり、普段の日常の写真であるケースも多く、判断材料として有効です。

私はこの方法で何度もブスを回避できました。

他には、本名が分かれば、Facebookで名前を検索して写真を探すこともできます。

友達に撮られた素の姿、飲み会で騒いでいる写真、集合写真など、判断材料にできる写真を多く発見できます。

特に、pairsやOmiaiなどは、Facebook上にアカウントを持っていることが会員登録の条件になっています。

そのため、Facebookで検索すると、大抵の場合相手のアカウントを見つけることができます。

まとめ

今回、マッチングアプリでブス・デブを事前に見抜く方法について書かせていただきました。

マッチングアプリを利用する欠点として、「会うまで相手の容姿が分からない」というのがあります。(ナンパだとこのリスクはありません)

ただ、プロフィール画像の適切な見方や対策を知ることで、ブス(デブ)に会う可能性をかなり低くすることができます。

他には、ブス・デブがそもそも少ないマッチングアプリを利用するのも1つの手段です。

私はこれまで様々な定額制のマッチングアプリを使ってきましたが、pairsはブス・デブが比較的少ない印象でした。

会員登録自体は無料なので、ぜひ試してみてください。

以上、本記事がご参考になれば幸いです。

※以下のブス記事も併せてご覧ください。

【pairsで非モテ童貞からモテ男へ変身した話】
私(太郎)は23歳までずっと非モテ童貞でした。
自分に自信がなく、女子と話すどころか目を合わせることもできませんでした。
たまに女子に話しかけられても、キョドって目が泳ぐ始末です。
小学生の頃女子にいじめられことが原因なのだと思います。
結局、大学卒業まで彼女を1人も作れませんでした。

しかし、大学院の時に一念発起しpairsを始めてみました。
なんと、最初に出会った銀行勤務の女子とすぐに付き合うことに成功しました!(少しぽっちゃりした女子でしたが)
その後もモテるための努力を続け、最大で5人と同時に付き合うことにも成功しました。(CA、看護師×2、商社事務、保険代理店事務)
モテることで自信がついた結果、仕事でも自信のある振る舞いをできるようになりました。
人生を変えてくれたpairsにはマジで感謝しています。

pairsはいろんな女子と簡単に出会えるので、短期間で多くの試行回数をこなせます。
そのため、早いスピードでモテ男に変身できます。
また、月3,480円で定額です。
飲み会1回分の金額で、可愛い女子と出会い放題なのでコスパ最高です。
モテるようになると人生全てが好転します。
登録は無料なのでぜひ試してみてください!
↓こちらから登録できます。


マッチングアプリ
virginlove3719をフォローする
太郎の20代童貞向け恋愛コラム集〜マッチングアプリで人生が変わる!〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました